Top > 歯科でのホワイトニング

歯科でのホワイトニング

歯科でのホワイトニングを考えるにあたって、まずは、歯の健康状態が問題となります。歯の構造はその最表層に人体の中で最も硬い組織「エナメル質」で覆われ、その中に黄褐色の象牙質があり、さらにその中に歯髄があります。エナメル質はほとんどが無機質で構成されていますが、わずかに有機質の部分があります。その有機質が着色し歯の変色となって現れてきます。

また、エナメル質は次第に磨り減って薄くなるばかりか、象牙質は第2象牙質を形成して象牙質の厚みを増してきます。従って象牙質の色が次第に目立つようになります。これが年齢による歯の黄ばみ現象です。そこで、ホワイトニングをすることでエナメル質の中にある有機物は漂白されます。しかし、象牙質までは漂白されないと考えられています。また、一生懸命に歯ブラシをして歯の表面の汚れを落としても、歯が白くならないと思っている患者さんは、遺伝的に歯が黄ばんでいるということです。

外傷などにより神経が死ぬと歯は黒ずんできます。この場合にもホワイトニングの対象になります。

 

 水中ウォーキング  利息制限法について  利息制限法
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ホワイトニングの費用(2009年7月22日)
ビヨンドホワイトニングシステム(2009年7月22日)
FAPホワイトニング(2009年7月22日)
歯科でのホワイトニング(2009年7月22日)